【最新版】新型コロナウイルスに有効な感染予防対策。

新型コロナ予防対策 予防・対策

中国武漢市から広まり、今では日本にも感染の波が押し寄せている新型コロナウイルス(2019-nCoV)。

すでに複数人の感染者が確認されているため日本でのコロナウイルス封じ込めは失敗したといっても過言ではありません。

また致死率が約2.3%とそれほど高くはないものの、合併症を起こし重症になるなど、お年寄り・呼吸器官の病気を患っている方にとってはまさに「脅威」です。

そんな中、今我々ができることは。

家族と自分の身は、自分で守るという事のみです。

本記事ではそんな新型コロナウイルスの感染予防に効果的とされる対策についてまとめてみました。

マスクをつける

マスク

マスクは100%感染を防ぐものではありませんが、人との接触時に遭遇する。

くしゃみ・咳といった飛沫感染を防ぐ効果のあるアイテムです。

今現在、日本国内ではコロナウイルスの流行手前という状況から、マスクが品薄で入手困難にはなっていますがAmazon(マスク検索)でも、意外と通常価格で出品されているので活用していきましょう。

もし、ネット購入が嫌であれば、深夜2時のコンビニの納品時間に合わせていけば高確率でマスクが置いてあるのでオススメです。

手洗い・うがいをする

手洗いうがい
風邪予防の基礎と言われる、手洗い・うがいは、コロナウイルス対策に大きく貢献します。

手洗いでは手についた菌を落とし、うがいは口の中に入った菌を肺に入れるのを防ぎ痰として排出する運動を促進する効果があります。

また、その他ウイルス感染・風邪予防にも繋がるため免疫力も維持でき、もし「新型コロナウイルス」が体内に入っても症状が出る前に死滅する可能性も上がります。

アルコール消毒が有効

アルコールに弱い
エンベロープウイルスというカテゴリに分布される新型コロナウイルスは、

手など皮膚の消毒を行う場合は、消毒用アルコール(70%)。

物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが判明しています。

市販の詰め替え用の消毒液も有効ですし、100円均一のボトルに入れれば低コストで活用できてオススメです。

規則正しい生活を送る

規則正しい生活を送り体の免疫力を通常運転させる事で、仮にコロナウイルスが体内に入ったとしてもウイルスを死滅させ症状を抑制に大きく影響します。

免疫力が下がってしまうと、ウイルスに対する抵抗力が下がり感染が高まってしまいます。

特に免疫力を下げる、睡眠不足、栄養不足(ビタミン・たんぱく質)、にならないよう、しっかりと寝て、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう!

免疫力UPにオススメ↓

部屋を暖かくする

暖房
コロナという属性のウイルスは、主に温度が低い寒い空間を好んで活動するウイルスです。

もし室内が外の温度と変わらない場合では、空気中でのコロナウイルス存命率を高めてしまいます。

そのため部屋の温度は20度以上を意識して設定するようにしましょう。

しかし温度を上げたといっても確実に死滅するというわけではなく活動力が下がるという程度なので参考までに。

部屋の湿度を上げる



コロナウイルスは寒い環境以外にも乾燥した空間を好む傾向にあります。

それに加え乾燥した空間では喉の粘膜機能が低下し、体内へのばい菌抵抗力も著しく低下します。

そのため、自宅では加湿器をしっかり焚いておき湿度は「50%~60%」に保つことが理想とされます。

空気清浄機を設置する

これはかなり経済的に負担をかける要素ですが、高性能な空気清浄機になるとウイルスを除去する機能が備わっています。

低価格なものでも1万円台~。
Levoit 空気清浄機 小型
Levoit 空気清浄機 小型 ¥11,990

通常性能で4万円~
空気清浄機COWAY AIRMEGA
空気清浄機AIRMEGA300 ¥41,208

高性能なものだと10万円以上するものもありますが、
パナソニック ジアイーノ
パナソニック ジアイーノ¥117,149

高性能であるほど、フィルターも細かくウイルス除去率も高いので経済的に余裕のある方は10万円以上の空気清浄機購入をオススメします。

人との接触を減らす

人込み
かなり難しい対策ではありますが最も効果的なのは
「人が多い所にはいかない」
という対策。

しかし働かなければ、生活ができるわけもなく、人との接触を完全に無くすという事は不可能に近いですが。

  • 買い物はネット注文(Amazonなど)
  • 外食はデリバリーにする(UberEatsなど)
  • 休日の外出・遊びは控える
  • 自転車・バイク通勤にする

以上の事を試すだけで感染リスクを割合を数%でも減らすことは可能です。

まとめ

新型コロナウイルスは未だ研究段階で解明していない部分が多い未知のウイルス。

またヒトからヒトへと空気感染する以上は日常生活を行いながら、100%感染を防ぐのは不可能です。

しかし以上の対策方法をしっかり意識する事で20%以上は予防率が上がるので、行動する価値はあります。

自分の身は自分で守れるようになるためにも、是非参考にして頂ければと思います。